Upper East Side アッパーイーストサイド

Upper East Side • Carnegie Hill アッパーイーストサイド • カーネギーヒル

左:York Ave の高層賃貸ビル
右:91st St & 2nd Ave. ウォークアップビルと、南北に走るバスの車線が見える

86, 59 St 96, 77, 68 St
96, 86, 72, 63 St 63 St

アッパーイーストサイドは、セントラルパークの東側の、南は59丁目、北は96丁目までのかなり広いエリアです。59丁目から77丁目はレノックスヒル、3rd Ave の東側の79丁目から96丁目はヨークビル、3rd Ave の西側の86丁目から96丁目(しかし近年不動産開発会社が98丁目までを含めた)はカーネギーヒルと呼ばれます。大手日系不動産会社は100丁目近辺までを「アッパーイースト」と称して物件を紹介していますが、96丁目より北はイーストハーレムです。

昔は、マンハッタンを代表的する高級住宅地だと一括りに言われ、日本語の情報源は今でもそう伝えることが多いですが、一言で説明することは難しく、場所により雰囲気が大きく異なります。また、過去数十年の間に開発された他の地域に「高級」の座を譲り、セレブが住むという話を聞かなくなり、またニューヨーカーの「高級」に対する価値観も昔と様変わりしたと考えられます。

家賃は高いですが、それは新しく物件を建てる場所が残されていないという需給の問題と、外観を残して改修された一部の伝統ある物件が高く評価されることによります。全体的には古い小・中規模のコープ(”Co-op”, Cooperative Apartment)やタウンハウスが多く、新しめのコンドミニアムや賃貸ビルは少数です。室内洗濯機付きの物件は非常に少なく、反対に、エレベーターやランドリールームがない古い物件もそれなりに存在します。伝統ある高級なコープは購入・賃貸の際の審査が厳しいことが殆どで、裕福だからと言って購入したり入居できるわけではありません。これらの事情から、世代間人口の入れ替わりも非常にゆっくりしているようです。

学校区が細かく入り組んでいて、アッパーイーストサイドの中でのばらつきもあるため、その点では住宅選びが難しくもあります。

昔からの高級住宅街としての代表的エリアは、西はセントラルパーク(あるいは5th Ave)に接し、東は Madison Ave を越えて Park Ave までの間です。メトロポリタン美術館やグッゲンハイム美術館近くの 5th Ave は「ミュージアムマイル」と呼ばれます。古いながら美しく、ライムストーンの外壁の建造物が多く建ち並びます。東西の通りには昼間でも送迎の車をよく見かけ、1階に商業施設は殆どなく、見かけるのは小さな表札がかかったドクターズ・オフィスくらいです。

Park Ave から東、イーストリバーまでの間は、築後数十年から築浅の高級な賃貸ビルが低層の建物群の中に点在し、少し通りが違うだけで様々に変化します。エリア北部やイーストリバー沿いには比較的新しいコンドミニアムや賃貸専用物件が存在します。仲介手数料なしでご紹介出来る物件もあります。2017年に地下鉄 Qラインが 2nd Ave 沿いに開通し、エリア東部に住む方の通勤・通学が便利になりました。(それまでは Lexington Ave 沿いの4/5/6ラインかバスしかありませんでした。)

南北の通りは、3rd Ave、2nd Ave、York Ave に至るまで交通が激しく、Park Ave以西のような閑静さは感じられません。York Ave の東は静かです。

この付近の古めの高層住宅が、目に付きやすい1階から2階のみを現代風に新しく改装しているケースが多いのは面白い点です。住宅同士の競争のためだと思われます。

飲食店は 3rd Ave や 2nd Ave に多数存在します。3rd Ave寄りの方が数も種類も多く、東に行くほどどちらも減少し、昔の住民に好まれたであろうイタリアンレストランの割合が増加します。ただ、この地域の飲食店の多さは、借りやすい商業スペースの多さと関係します。低層で古い建物の1階に入った飲食店が多数目につきます。

Lenox Hill の南側、Lex & 59 St の地下鉄駅近くは利便性が高く、高級百貨店 Bloomingdale’s もあるいわば一等地で、高級コンドミニアムが見つかります。

カーネギーヒルは、本来はアッパーイーストサイドの一部であり96丁目を北限としますが、2000年代から、隣接するイーストハーレムに開発された不動産の宣伝のために、98丁目までがそう呼ばれるようになりました。しかしニューヨークの住宅街は今でも、もともとの地区の境界付近で住人や佇まいが大きく変わり、建物が比較的新しくてもその周辺に1ブロック出ると、開発前の趣が色濃く残っています。古いレントスタビライズド(Rent-stabilized)ビルディングも多いからです。

Madison Ave では、96丁目付近から北方向が下り坂となり、イーストハーレムの建物が見えてきます。


アッパーイーストサイド、ウェストサイドの賃貸空室情報は こちら

「NYC 主要エリアのご紹介」に戻る