Williamsburg ウィリアムズバーグ

Williamsburg Bridge付近、夏の終わりの風景

Macy Ave, Hewes Ave Graham
Ave, Bedford Ave Metropolitan Ave
フェリー:North/South Williamsburg

歴史あるショップやお洒落なカフェ、バーが多いウィリアムズバーグ。もともと1980-90年代に、アーティストやミュージシャン達がアパートの広さと安さに惹かれてマンハッタンから移住したのですが、近年、MUJI や Apple Store、Whole Foods Market がオープンするなど急速に発展し、より洗練されたエリアに変わると同時に家賃も上昇しました。1990年代に移り住んだようなアーティストはとっくにいなくなり、今住んでいるクリエイティブ職の住人はマンハッタンで会社勤めをする人たちと言われています。和食のレストランも見かけます。大きな公園(McCarren Park)があり、静かな住宅地では低層の建物が多数です。

イーストリバー沿いのフェリー乗り場近くには、築浅で高層のコンドミニアムやアパートが立ち並び、お部屋によってはマンハッタン (Lower East Side と Financial District ) を一望することが出来ます。また、Kent Ave には、現在も新しい賃貸物件数棟からなる一大コミュニティが建設中です。人が増えるにつれ、レストランだけでなく託児所や動物病院も増え、生活しやすい街に変化しています。

マンハッタンには地下鉄とフェリーが利用できます。フェリーで通勤する方が多数いらっしゃいます(特に国連職員の方)。South Williamsburg を出たフェリーは、North Williamsburg、Greenpoint を経て、マンハッタンの East 34th St に到着します。

地下鉄 Lラインの Bedford Ave 駅(マンハッタンからブルックリンに入った一駅目)の利用者を観察すると、退社時間にマンハッタンから帰って来る人の中に、スーツを着た人がまず見当たらないことは興味深いことです。Williamsburg Bridge やイーストリバーに近いエリアでは若干事情が違うと思われます。

イーストリバーに近いエリアの方が、一般的に住宅価格や家賃が高いと言えます。エリア東部の、イーストウィリアムズバーグに近いエリアはまだ目立っては開発されていませんが、人口はゆっくりと東に広がっているようです。


ウィリアムズバーグなど、ブルックリン北部・北西部の賃貸空室情報は こちら

「NYC 主要エリアのご紹介」に戻る