NY不動産市場
お取引のポイント

ニューヨークで賃貸住宅探し ~ 物件の「格」

コンドミニアムやコープと同様、賃貸住宅にも「格」があります。

マンハッタンを歩いていると時折、"NO FEE" の看板や垂れ幕を見かけます。それらは一般消費者向けの広告で、一流とは言い難い賃貸物件・管理会社に多く見られる集客法です。空室を埋めるため、出来るだけ多くの人にアピールする必要があるためです。

一方、当チームが積極的に紹介する高級賃貸住宅には長年住む入居者が多く、通年空室率が低いため、通行人に NO FEE であることを宣伝したりしません。空室が出るとすぐ不動産エージェントが審査に通る見込みのある入居者候補を内覧に連れて行きます。「高級物件を見てみたい」という冷やかしの客を避ける意味もあります。皆様、ご自分の住む建物にでかでかと広告があれば、どうお感じになりますか?

物件を見慣れていない、特に渡米されたばかりの方は、話の上手なリーシングエージェントから受ける誤った理解や印象、また室内洗濯機等のアメニティのみでお部屋を選んでしまうことがあります。リーシングオフィスや管理会社の対応・評判等も踏まえ、ご入居後もご満足頂ける物件をタイムリーにご紹介することが、テナントエージェントである当チームの使命です。

「 NO FEE と書いてあるのに何故これは無料で仲介してもらえないのか 」と質問されることがあります。その "NO FEE" 広告は、賃貸会社が一般消費者に向けて、直接リーシングオフィスに来ることを前提に宣伝したものであり、私たちの広告ではありません。不動産エージェントを使わず、ご自身で賃貸物件のリーシングオフィスに直接コンタクトして申し込めば、「仲介料」がかからないのは当然です。

実は、"NO FEE" と一般向けに宣伝しない高級物件にこそ、仲介手数料を負担するものが多数あります。つまり、お客様が物件に直接行かれても、当チームを仲介にお使いになっても、お客様にとって金銭的な違いがありません。多くの駐在員向け物件がこれに該当します。

ニューヨークシティでの物件探しはいろいろな理由で、カタログから選ぶように簡単には行えません。インターネットに出ている広告は更新が遅く、既に借り手がついているケースが多数あります。また、ほとんどの物件では審査基準を一般公開していませんので、お客様がご自身で申し込み条件に合う物件を効率的に探すことは、非常に困難です。ニューヨークのお住まい探しは当チームにお任せ下さい。


「格」が高い賃貸住宅および管理会社には、他にも多くの違いがあります。折に触れて個別にご紹介します。

「コラム」に戻る