サービスの特色

ニューヨーク賃貸 ~ 日系他社ビジネスモデルとの違い、時代の違い

ニューヨークの日系不動産会社は、弊社よりかなり高額な(昔のままの)仲介手数料を正当化しようと、様々な非仲介サービスの無料提供をセールスポイントとしています。しかし弊社も、生活の立上げに必要な各種情報提供や契約更新時の支援を無料で行います。例外として空港への送迎は別料金ですが、弊社にそのサービスをご依頼になる方は、弊社での総費用が他社より小さくても皆無です。

空港へのお出迎えや、日本語での携帯電話契約などは、一般の方向けにはすっかり時代錯誤なサービスとなりました。空港にご到着後すぐにタクシーに乗ったり、Uber や Lyft の車をスマートフォンのアプリで手配するほうが、安くて待ち時間もかかりません。携帯電話については、日本でソフトバンクをお使いの方は米国でもそのままお使いの方がいらっしゃり、そうでない場合もニューヨークにご到着後、VerizonやAT&Tの店舗、もしくはApple Storeで簡単に契約を済ませることができます。昔は「日本語が使える携帯電話」に意味があったりもしましたが、スマートフォンの時代になってそれも時代から消え去りました。銀行口座の開設でも、不安をお持ちの方には日本語での対応が可能な銀行をご紹介します。

実際のところ、弊社にそのような昔ながらの生活立上げ支援を依頼される方は、それが無料でも殆どいらっしゃいません。弊社がご依頼を頂くのは、次のような事柄が中心です。

  • 契約までの意思疎通から各種こまごまとした手続き支援
  • 入居や引越し時の(日本にはない)実務上の事柄に関する支援
  • 銀行口座開設、公共料金手続きのための情報提供
  • 入居後の家具の購入、レンタル家具の手配、火災保険の購入に関する情報提供
  • 契約更新支援から次の物件探しの相談
  • (非常に例外的に)入居後のトラブル解決のための英語支援

しかし、弊社を含め誰にもできる非専門的サービスより、NYの不動産事情に詳しいエージェントによる、高度で専門的なサービスを、透明性があり合理的な料金で受けられる方が、お客様にとって遥かに意義があるのではないでしょうか?

当チームはそれに加え、日本語での完全サポート、チームでの協力体制、顧客第一主義、そしてエージェント個人の力量による契約までの高いレベルのサポートで、お客様にご満足いただくことを目指しています。

当チームにご依頼されるお客様には、例えば、ご勤務先に仲介料を全額負担してもらえないお客様、手当が定額なので仲介料を抑える意味があるお客様、日系大手不動産会社にてご希望の物件を見つけてもらえなかったお客様、日系他社の「アフターサービス」に意味を見出されないお客様、そしてニューヨークのローカルマーケットについての知識をご期待のお客様がいらっしゃいます。また、弊社が多くの高品質物件を無料で仲介することから、既にニューヨークにお住まいのご駐在の方が市内でお引越する際に、以前にお使いになった日系不動産会社でなく弊社にご依頼されます。

私たちの仲介手数料は、家主が仲介料を負担する物件では無料、それ以外は原則として家賃1か月分(年間家賃の8.33%)です。日系不動産会社はどの物件でも昔から 12 - 15% です。手数料とサービスは 《 賃貸TOP サービス・料金一覧 》 をご覧下さい。

「コラム」に戻る