賃借・売買の着眼点
サービスの特色

住宅探しの条件をNYの事情に合わせることが近道。私たちはリロケーションのアドバイザーです

ニューヨーク域外からいらっしゃるお客様は、NYにおいては難しい条件(価格・広さ・エリア・設備等の組み合わせ)で住宅をお探しのケースがよくあります。その条件に合致する物件が一つでも見つかればよいと思われるかもしれませんが、僅かに見つかる物件では、他の重要な要素が犠牲になっていがちです。

厳しい条件をご提示頂いた場合、私たちはお客様に、何故その条件では難しいかと、その点にこだわった場合のデメリットをご説明します。そうしますと、多くのお客様は本当に優先すべき条件について再考されます。不動産ブローカーをお使いいただく一つの意義は、そういったアドバイザー的な役割にあります

<例1> アメニティ重視の条件設定: 室内洗濯機・乾燥機付きであることが最重要
ニューヨークシティでは、室内洗濯機・乾燥機を備えた1 BedroomやStudioの賃貸住宅は、リノベート時に洗濯機を設置した古い物件を除くと僅かにしかなく、ここ数年でようやく見られるようになったばかりです。(2 Bedroomであれば、築10年くらいの賃貸物件に洗濯機付きが見つかります。各階にランドリールームが備わった物件も若干存在します。)

あるお客様は、昔から日本人が多く住む地域にある、価格がお手頃で室内洗濯機・乾燥機を備えた賃貸物件を強くご希望でした。しかし徒歩でのご案内を交えて生活圏を良くご覧いただくことで、住環境がご期待の水準に達せず、建物の設備も最低限の水準であることをご理解されました。その結果、他の地域の、家賃がご希望をやや超える室内洗濯機・乾燥機付きの物件にお決めになりました。当初設定した条件では、総合的に理想的な住宅が見つからないと考え直されたのです。

余談ながら、アメリカ人は洗濯物が溜まってから洗濯しがちですし、外で洗濯物を干さずに乾燥機を使いますので、ランドリールームが午前中などの特定の時間帯に混み合うことは少ないようです。

<例2> エリア重視の条件設定: アッパーイーストサイドでも南側に限定、その付近では厳しいと分かっている予算に収めたい
もともとコープやコンドが多いこのエリアで、ご相談いただいた時は繁忙期が終わっていなかったこともあり、ご予算内では賃貸専用住宅が見つからず、かろうじてコープ物件(注:仲介手数料が15%かかります)だけが見つかるという状況でした。私たちは、通勤時間20分台のエリアにある、仲介料不要の築浅賃貸物件も推薦しましたが、お客様は当初のエリア重視の基準を維持されたのでそれは候補とならず、コープ物件にお申し込みになりました。結局、コープの管理組合による承認に想定以上の日数を要し、渡米前に申し込んだにも関わらず、1週間ホテルでの滞在を余儀なくされました。

お客様はご入居後に一連の経緯を振り返り、「当初考えていたエリアを自分の目で見ると一等地だと分かり、エリアのことは柔軟に考えれば良かった。そして、即入居可の賃貸専用物件にしてもよかった、来年NYに来る後輩にそう勧めたい」とおっしゃいました。実際、コープの承認をお待ちの間に、始めにお勧めした仲介手数料不要の築浅賃貸物件をバックアッププランとしてお見せすると、エリアも物件もとても気に入っていらっしゃいました。

<例3> ご予算重視の条件設定: ご予算内で綺麗さより他の条件を優先するが、実際を目の当たりにすると妥協できない
NYCの家賃は東京と比較してもかなり高いため、NYCでは決して高級ではない物件に対しても、お客様は高い期待をお持ちになっていることがあります。当初、ご予算内で綺麗さよりも広さ・設備の良さ・あるいはエリアを優先してお探しになっても、物件の綺麗さが心の中の最低ラインに達せず、結局、予定より狭くなってもエリアが変わっても構わないので、より清潔感のある築浅物件が良いとお決めになるケースが多くあります。

私たちはお客様のご予算・ご収入を念頭に、十分な水準で管理された物件だけをご紹介しています。また、始めに伺うご希望通りの物件だけをその通りにお探しするのではなく、少し違っても経験や総合的な観点でお勧めできるものを追加してご提案させて頂きます。


トップページから辿れる「ソリューション」のセクションで、より広い観点から、私たち不動産ブローカーをお使いになるメリットをご説明しましたので、ご覧ください。(《 リロケーションのアドバイザー 》

「コラム」に戻る