不動産売買・投資

ニューヨークで思い通りの物件を購入するには、想像以上に多くの知識が必要です。マーケットやエリアを知るのみでは十分ではありません。物件の種類や手続きが多岐にわたり、細かい制約やルールを理解しなければ手続きさえ始められなかったり、注意深く計画しなければ取り逃がしかねない税務メリットもあるためです。また、インターネット時代とはいえ、不動産情報サイトを見ても、物件の性質、制約事項、そして相手が誰の代理人なのかは不動産会社の者でなければ分からない点も多くあります。私たちは不動産会社専用データベースの正確で鮮度の高い情報に基に、お客様の代理人として的確なアドバイスを提供し、お客様の時間や費用の節約とリスクの削減に貢献します。上のメニューから、「注目のコンドミニアム 販売情報」もご覧下さい。

ニューヨークシティでの不動産投資・売却

米国で不動産投資をお考えですか。キャッシュフローと将来性にフォーカスした物件選び、ご購入後のテナント探しから、室内機器故障時の対応等の管理業務まで、オーナーの皆様のみでなく、借り手の皆様にもご満足頂けるよう、迅速・的確なサービスを提供致します。

ニューヨークシティには世界中から投資家・資金が集まり、物件価格を押し上げていますが、東京の2~3倍程度の世界一高い家賃収入が見込めます。ただし、ご購入直後から利益を出すのは難しいかもしれません。物件購入ご検討の際、毎月の管理費・固定資産税が高いものは避けること、ご購入後はマーケット需要に見合った価格でタイムリーに貸し出すことが重要です。また、幅広い顧客層へのマーケティング活動、長期間借りてもらえるテナントを見つけて極力空室率を減らすこと、減税優遇措置のある物件にフォーカスしつつも、新築物件のみにこだわらず物件の立地を重要視されることがポイントです。

続きを読む


Buyer's Agent

米国では住宅購入時に、不動産エージェントを「買い手(お客様)の代理人」として、物件調査から、交渉、手続き、契約まで用いることが一般的です。

Buyer’s Agentをお使いになる意義は、(1)住宅探しの困難さを軽減できる、(2)適正でない価値で購入したり問題点を見逃すリスクを減らせる、(3)売り手の代理人の言いなりにならない交渉役として機能する、(4)それら専門的サービスを無料で受けられる ことです。

続きを読む


NY市 住宅価格指数、米東北部 新築住宅価格

ニューヨーク市のケース=シラー住宅価格指数の変化を解説。現在、2019年3月までの住宅価格指数(5月末発表)、米国東北部の新築住宅販売価格、長期金利を掲載。

住宅全体を示す指数の上昇は鈍化していますが、新築住宅価格は比較的大きな上昇が続いています。

続きを読む