ニューヨークシティでの不動産投資・売却

米国で不動産投資をお考えですか。キャッシュフローと将来性にフォーカスした物件選び、ご購入後のテナント探しから、室内機器故障時の対応等の管理業務まで、オーナーの皆様のみでなく、借り手の皆様にもご満足頂けるよう、迅速・的確なサービスを提供致します。

ニューヨークシティには世界中から投資家・資金が集まり、物件価格を押し上げていますが、東京の2~3倍程度の世界一高い家賃収入が見込めます。ただし、ご購入直後から利益を出すのは難しいかもしれません。物件購入ご検討の際、毎月の管理費・固定資産税が高いものは避けること、ご購入後はマーケット需要に見合った価格でタイムリーに貸し出すことが重要です。また、幅広い顧客層へのマーケティング活動、長期間借りてもらえるテナントを見つけて極力空室率を減らすこと、減税優遇措置のある物件にフォーカスしつつも、新築物件のみにこだわらず物件の立地を重要視されることがポイントです。

日本では高級マンションの価値が上がることは稀ですが、NYCの不動産は景気後退時も価値を大きく下げることはほとんどありません。コンドミニアムは一軒家よりメンテナンスが簡単、ホームオーナー保険料も安く、土地より建物の価値の割合が高いために減価償却が大きくなり、節税にも繋がります。

日系不動産会社は時折、”貸しやすい物件”と称して、1か月もしくは3か月から賃貸に出せるコンドミニアムを投資家に勧めています。確かに、家具付き短期アパートの需要は常にありますが、そのマーケットには既にいくつもの専門の会社が参入していますので、個人のお客様や日系他社がサービスアパートメントを提供して大きな利益を上げることはほぼ無理になりつつあります。たくさんの個人所有の短期家具付き物件が、数ヵ月も貸せずに市場に在庫として積み上がっています。日系不動産会社は、駐在員の長期賃貸契約を掴む材料として短期「サービスアパート」用のコンドミニアムを確保したいため、例え立地が良くないコンドミニアムでも、1か月での賃貸が許されていれば投資家に積極的に勧めますのでご留意ください。

なお、30日未満で物件を貸し出すことはニューヨーク州法に違反しますが、日系不動産会社数社はいまだに投資家から借り上げたサービスアパートを超短期で日割りで貸し出しています。大多数の家主の方々、借り手の方々は、こういった手法が法に触れることをご存知ないようです。

何十年か前に物件をご購入されたものの、借り手がなかなか見つからない、貸出しで十分な利益が出ない、遠隔地からの管理が面倒、新しい物件に買い替えたい等、お悩みの方・お考えの方、弊社にご相談下さい。借り手を探すためのマーケティング、物件ご売却時のポイント、今後発展しそうなエリア等、個別にご提案差し上げます。当方はライセンス上、法律、税務会計等のアドバイスは出来ませんが、1031 Exchangeの利用や生前信託設立等、節税の可能性を考慮した物件ご購入・ご売却をサポートします。

「不動産売買・投資」に戻る