REBNY の会員

売買では特に、不動産会社及び所属エージェントがニューヨークの業界団体 REBNY (Real Estate Board of New York) の会員であることが、お客様の利益最大化のために欠かせません。

第一に、Buyer’s Agent (買主がお使いの不動産会社)の所属会社が REBNY の会員でなければ、NYの不動産会社が共有するデータベースから情報を取得できません。昔は超大手不動産会社が自社の顧客を囲い込み、買い手と売り手の双方を代理して手数料を2倍得るという、今の日本と同じ「両手仲介」が行われていました。現在では REBNY の会員はデータベースで情報を共有し、協力して取引を行います。

売り手のお客様にとっては、お使いの不動産会社である Seller’s Agent が REBNY の会員でなければ、ブローカー用データベースに売却物件の広告を出すことすら出来ません。それは多くの取引機会(買い手の数もそうですし、より高く買ってくれる買い手も)を失うことを意味し、売主にとっての不利益になります。

第二に、不動産会社が REBNY の企業会員であることは、一種の品質保証です。REBNY は各種セミナーを開催したりブローカーの情報交換の場を提供していますし、顧問弁護士が法律に関するアドバイスを発信しています。主要な米系不動産会社で REBNY の会員になっていないところは少数です。(なお、REBNY に加盟する企業に所属していても、個人会員ではないエージェントは多数存在します。)

当チームの大江・早川は REBNY の個人会員であり、Kian Realty NYC も REBNY の会員です。お使いになろうとする不動産会社や不動産エージェントが REBNY の会員かどうかは、REBNY のウェブサイトから調べることができます 。(左の検索窓から名前で検索出来ますし、企業会員については “Member Firms” をクリックすると一覧が表示されます。)

「不動産投資・売買」に戻る