《 サービスアパートメントを仮住まいとして使うのは時代遅れに 》

長期お住まいの賃貸物件を探すまでの間、サービスアパートで仮住まいするのはお勧めしません。ご希望でしたら無料でご紹介可能ですが、現在ではそれは古い手法で、ニューヨークで最も賃貸住宅探しに適した方法は、第一にホテルに滞在されること、第二には、日本にいる間から手続きを始め、可能であれば契約まで日本で完了することです。それには市場要因、法的要因、テクノロジー要因があります。

サービスアパートメントを長期賃貸住宅を探す間の仮住まいとするマーケティングが日本企業に受けた10年から20年前は、日本人がマンハッタンのコンドミニアムにこぞって投資した後の時期に重なり、そういった投資物件がサービスアパートメントに使われました。当時は有意義な手法だったかもしれませんが、上でご説明した通り、現在のニューヨーク市では適さない、古典的アイデアとなりました。

それに加え、サービスアパートメントとは、不動産会社が借り上げた賃貸専用住宅や持ち家であり、その不動産会社の営業体制によっては過剰な期待はできず、ホテルの方が快適とおっしゃる方もいらっしゃいます。