高級コンドミニアムの賃貸

品質と立地を重視の方は、マンハッタンの高級コンドミニアム(個人所有高級マンション)にお住まいになりませんか。賃貸専用物件と異なる進め方や考慮点を解説。

仲介手数料や初期費用がかかりますが、コンドミニアムの家賃は同品質の賃貸専用住宅より低めです。つまり、一定のご予算で、賃貸物件より優れた住宅にお住まいになれます。

コンドミニアムを借りるには、通常、年間家賃の 15% に相当する仲介手数料(それを家主側エージェントと弊社が折半します)に加え、審査費用として物件により、$400 から $2,000 程度の初期費用がかかります。そのため、コンドミニアムの家主(またはそのエージェント)は、仲介料不要の賃貸専用高級物件に対して競争力を維持しようと、家賃を低く設定します。即ち、同等クラスの賃貸専用物件より家賃が 15% 以上低くなる計算です。

多くの日系企業・政府派遣の方は、大手日系不動産会社に仲介手数料として年間家賃の 12-15% をお支払いになっています。仲介料は勤務先が負担するから関係ない、と思われる方も多いかもしれません。しかし、15% 分の手当てを出してもらえるなら、日系不動産会社が勧める、ニューヨーカーには人気がないことも多いエリア・物件の賃貸アパートだけでなく、より品質の高いコンドミニアムも選択肢に入ります。

ご勤務先が負担しない個人のお客様も、コンドミニアムをご検討になる理由があります。数年間のご滞在であれば、仲介料・初期費用よりも毎月の家賃と物件の品質を重要視される方がトータルコストを抑えられますし、一年未満のご滞在の場合やご帰国時期が不確定の場合、個人家主であれば多少柔軟に対応してもらえるケースが多くなります。

高級コンドミニアム
賃貸専用住宅
品質(同じ家賃比)
賃貸専用住宅より高品質。共用設備も同様
-
広さ(同じ家賃比)
賃貸専用住宅より広いことが多い。共用設備も同様
-
家賃(同じ品質比)
賃貸専用住宅より低い
-
仲介手数料
年間家賃の 15%(うち弊社に7.5%)、または 8.33%
無料、または年間家賃の 8.33%
申込費用
$400 - $2,000
$20
申込必要書類
推薦状が必要なことがある。稀に公証付き署名を要することも
コンドミニアムより少ない
内見予約の難易
高め。家主のエージェント次第
易しめのことが多い
申込の競合
家主が複数の申込者を比較し、選ぶ
必要書類を早く揃えた順に受付
条件交渉
他の申込者と比較の上で、家主が都度判断
賃貸会社の基準から大きく外れず、交渉の余地が少ない
審査の所要期間
1-3週間(管理組合の Board of Directors が審査)
1-2日(管理会社 Management Company が審査)
契約相手
家主個人
賃貸物件所有会社
アメニティー使用料
不要
大多数で必要
契約期間・解約の柔軟性
賃貸専用物件より多少の交渉余地あり
乏しい。柔軟な物件は希少


日系他社がコンドミニアムをあまり紹介しない(※)のには理由があります。他社が案内するものは、大半が賃貸専用物件です。駐在員に人気とされる多くの高級賃貸専用物件では、家賃1か月分の仲介料が不動産会社に支払われます。つまり日系不動産会社は貸し手からも借り手からも黙って仲介料を受け取ります。

※ 日本人家主から管理を委託されたコンドミニアムには積極的に借り手を見つけようとしますが、古くて高級感がない物件、例えば 330 E 38th St の Corinthian や、ミッドタウンウェストのいかにも投資家向けの物件のことが多数です。《 借り手のお客様のみの代理人 ~ 違い 1.ご紹介する物件 》 及び 《 NYCの投資物件(下)全戸数の21%を日本人投資家が買ったコンドミニアムビル その後 》 をご参照。

一方、弊社は同じ賃貸物件を無料(家主が仲介料を負担しない場合は家賃1か月分、つまり 8.33%)で仲介します。賃貸専用物件でもコンドミニアムでも、弊社が受け取る手数料は、貸し手・借り手のどちらかから 7.5% または 8.33% と大きく変わりませんので、弊社が賃貸専用物件とコンドミニアムのどちらかを強く勧めるインセンティブは殆どありません。正確に言いますと、コンドミニアムの方が弊社が頂く仲介料が若干少ないですが、お客様にご満足頂くことを最優先して物件をお探しします。

また、賃貸専用物件の仲介は、少数の大型物件に限定すればお客様を顔馴染みのリーシングオフィスにご案内するだけにもできますが、コンドミニアムは個人所有のため、空きが出やすい建物というものがなく、しかもユニット毎に異なる家主側ブローカーと対話・交渉する必要があります。とても手間がかかる作業ですので、日系不動産会社のエージェントはやりたがりません。研修ビザなどでニューヨークに来たばかりの他社エージェントにはなおさら難しいと思われます。入居者審査に推薦状を要するコンドミニアムもありますが、長年ニューヨークに住み法人部門での勤務経験のある当チームは、翻訳のお手伝いも差し上げます。

$1 million(1億円)を優に超える価格の邸宅を $3,000 から $4,000 前後で借りることができるのは、日本ではなかなか得難い経験です。

「トップページ」に戻る