敷金不要、初期費用を抑える選択肢


ニューヨークシティの賃貸物件にご入居される際、通常家賃1か月分の敷金が必要です。収入要件を満たさない方は家賃数か月分の敷金に加え、保証人を要求されることもあります。弊社では、敷金・保証人の代わりに月々少額のサービス料でお住まいになれる物件を紹介可能です。

契約時に通常必要な初期費用は、具体的には次の合計です。家賃の高いNYCではかなりの金額になります。

  1. 家賃1か月分の敷金(セキュリティーデポジット)
  2. 最初の月の家賃
  3. 不動産会社に支払う仲介手数料(多くの高級賃貸の場合、弊社経由なら無料)

さらに、お客様の状況によって、以下の追加初期費用が必要です。

【敷金】 米国内での年収が月額家賃の40倍に満たない場合、家賃数か月分(但し、家賃の前払いが可能な物件では、敷金は1か月分)

【保証人】 年収が基準未満の方は、米国在住保証人を立てるか、第三者保証サービスをご利用(契約時に保険料を一括払い)


お客様のお引越に伴う多額の出費を抑えるひとつの方法として、ご契約時の敷金・保証料一括支払いの代わりに、毎月少額の手数料で済むサービスをご紹介しております。お手頃な価格の大手賃貸会社の物件から、駐在員の方がよくお使いの高級物件まで、対象物件は多数ございます。

反対に、初期費用の支払いに問題はなく、総費用を抑える方が重要とお考えの場合には、米国での収入要件等が基準に満たない方でも、家賃1年分または半年分を前払いすることでご入居可能な物件をご案内します。

借り手のお客様の状況に合わせ、ご希望を最大限満たせる物件をご提案させて頂きます。ニューヨークシティでの住宅探しをストレスなく、スムーズに低コストで実現するために、是非弊社にお問い合わせください。

「トップページ ソリューション」に戻る