賃貸契約の期限が到来。更新後の家賃が予算を超えてしまう方


長く低金利が続く日本にお住まいの方には想像できないことのようですが、ニューヨークにおいて、賃貸物件の家賃は、金利・物価・給与が健全に上昇するにつれ、毎年上昇します。また、金利要因だけでなく、家主の固定資産税などの関係で急に値上げされることもあります。

次の契約更新後の家賃が想定を超えて上昇する方、特に雇用主からの家賃補助でマンハッタンの高級な賃貸物件に入居されていて、次の家賃が会社からの補助額を大きく超えてしまう方へ、私たちが手数料無料の賃貸物件を仲介します。手数料無料ですので、会社に気兼ねなく転居できます。

中途解約条項を受け付けてもらえる物件をご提案しますので、来たるべき異動に安心して備えられます。また、Rent Stabilizedという、ニューヨーク市が決定する最大家賃引き上げ率に従わなければならない高級賃貸物件をお選びいただくことも可能です。

日系不動産会社の仲介を受けた駐在員の方々から、ご予算の上限付近の家賃の物件をお選びになり、その後の契約更改の際に、例えば数百ドルも予算を超えた家賃を通告されて困っている、という話をたびたび耳にします。不動産会社は、ご予算の上限に近い家賃の物件を仲介した方が高い手数料を得られますし、家賃がご予算を超えて上昇すれば、再度その駐在員の方の転居を仲介する機会が生まれますので、家賃値上がりのリスクを十分に説明していないと思われます。家賃の上昇率を予測することは誰にもできませんが、私たちなら、値上がりのリスクを十分考慮した物件選びをお手伝いします。

「トップページ ソリューション」に戻る