お子様連れのご家庭にも最適なNYC生活


お子様連れでNYに赴任されるなら「ニューヨークシティでなくウェストチェスターにしなければならない」とお思いの方が多くいらっしゃいます。しかし、それらは昔ニューヨークに赴任された方々や、代々ウェストチェスターにお住まいのコミュニティーからの限定された情報だけをお聞きになるからです。そういった情報は多くの誤解に基づいていたり、現在では当てはまりません。最近の若手の駐在員の方では、小さなお子様連れでもマンハッタンにお住まいのケースが増えています。

一定の方々がウェストチェスター(といっても地域により様々ですが)をお勧めになる主な理由は、(1)学校区が良いこと、(2)日本人の小児科医がいること です。

(1)学校区の問題

むしろマンハッタンにこそ、高い評価を得ている学校が多いことをご存知でしょうか。下の図は、ある著名なウェブサイトで、最もランクが高い公立学校を表示したものです。ウェストチェスターとは比較にならないくらい多くの良い学校があります。これに加え、高級住宅地として再開発されている地区では、Elementary Schoolから順に、Junior High、High Schoolへと、評価が上昇する学校が増えてくると考えられます。(クイーンズやブルックリンにおいてそのような状況が観察されます。)

米国人では、これら高い評価を受けるマンハッタンの学校へのお子様の就学を検討し、転居される方が多くいらっしゃいますし、日本人駐在員でも徐々に増えているように感じます。

(2)小児科医の問題

小児科医についても、マンハッタンにお住まいになってご心配になることはありません。小児科を兼務する日本人医師がいらっしゃいます。また、ご自身も小さなお子様をお持ちの日本人医師の方がおっしゃっていたことですが、小児に特有の難しい疾患でもない限り、小児科の専門医にかからなくても特に問題はないそうです。小さなお子様連れの日本人のご家庭は、既にマンハッタンからブルックリン、クイーンズに多数いらっしゃいます。就学年齢未満の児童を対象としたプリスクールやデイケアが多い場所でもあります。

《 シティ生活 その他の魅力 》

シティでの生活には、他にも多くの魅力があります。

  •   通勤時間が短くなり、徒歩での通勤や買い物も可能になる


  •   デイケア施設が徒歩圏内に見つかることが多い


  •   車を購入する必要がない


  •   文化活動に気軽に出かけられる


  •   広い人的ネットワークを構築しやすい


  •   一軒家の整備や冬の雪かきに時間を取られることがない


  •   空港からのアクセスが良い


  • さらに、不動産について再度申し上げますと、仲介手数料無料の築浅賃貸物件が多く、お引越しの際の一時的出費も抑えられます。

    駐在員の方がお好みになる地域には長い間に変遷があるようで、ウェストチェスターへの集中も、そこに北米本社を置いた日本企業の皆様を除いては、歴史の1ページになるように感じています。ウェストチェスターに限らず、口伝えで特定地域を勧める影響力は、日本企業社会の中ではなかなか根強いようですが、そういった先輩の個人的意見に反してでもシティにお住まいになる方が徐々に増えています。結局、この場合の先輩・知人の「お勧め」は、その人たちが知る限りの話で、前例に過ぎないのです。お子様、ご両親それぞれにとってメリットが大きい、シティ生活をご検討下さい。

    「トップページ ソリューション」に戻る